ペナン島:ジョージタウン コーヒーショップ バイクの借り方

ジョージタウン
スポンサーリンク

ペナン島でのローカル体験を記載します。

①ローカーなコーヒーショップ

②バイクのレンタル

③自動販売機?

①ローカーなコーヒーショップで、朝のコーヒータイム

ちょうど宿泊したホテルの前に、屋台のようなお店があった。

のぞいてみるとコーヒーショップのようである。

初日の朝は、システムがよくわからなかったので、翌日に行くことに。

 

とりあえず、店の前まで行く。

なんか入りづらい

現地のおじさんが立ち寄っては、消えていく。

バイクで来て、自前の水筒を渡す人が多い。

水筒に入れてもらったらそのまま立ち去る。

何気なく繁盛している様子。

 

珈琲屋へ入店

ハローって声をかけ椅子に座る。

笑顔で迎えてくれて一安心。

メニューがテーブルに置いてある。

ホットのコーヒーを注文する。

普段は、無糖で飲んでいるが気にしないことに。

たぶん甘いコーヒーが出てくると思う。

珈琲を注文

すぐに、アツアツのコーヒーが出てきた。

砂糖は入っているようだが、さほど気にならなく、美味しいコーヒーでした。

1杯:1.5リンギット(40円くらい)

 

チェーン店ではなく、

このような屋台スタイルのコーヒー屋は、

以前訪れたベトナムで飲んだベトナムコーヒー以来だ。

やはり、なかなか良いものである。

②ジョージタウンで、バイクをレンタル!

ジョージタウン周辺も歩き回ったので、

ちょっと足を延ばそうと、バトゥフリンギまで行こうと決めたのでバイクを借りてみた。

レンタルする場所は、インターネットでもなんとなく調べておいた、

リトル・インディアの周辺でバイクをレンタルした。

レンタル方法は?

日本ではスーパーカブに乗ったこともあるので、
Honda ドリームを借りることにした。

必要なもの

・25リンギット (6hour)
680円くらい

・国際運転免許証

・パスポート

・デポジットが必要でした。
→詳しくは忘れましたが、100リンギット札くらい預けたと思います。
バイクを返却時に返してもらうのを忘れずに。

ガソリンの給油

借りたら、ガソリンは近くのシェルで入れろと言ってくる。

初めから試練です。

初給油です。
マレーシアは産油国なのでガソリンが安いのは良いですね。

日本でセルフで入れたことがあるのであれば使い方は似てますね。

シェルの場所

バイクはチェックしましょう

なんか古臭いけど、良いかなって感じで借りたが、

実はこのバイク、

「N」ニュートラルポジションやギヤをダウンすると9割エンストしてしまうバイクでした!!!

普通に、スクーターにしておけばよかった。。。

そのため、交差点では「N(ニュートラル)」にもできず、ギアもダウンすることもできず、
トップギアに入れたまま走っていました。

もちろん、トップギアに入れたたまの発進なので、最初はものすごく遅い。。。

 

バイクレンタルするときは、ちゃんとチェックしましょうーー

というか、新し目のバイクを借りた方がよい。

返すときに、壊れているよって言ったら、店員は笑ってた。

注意点

レンタルバイク屋も夜の19~20時ごろには閉店してしまうので、
夜遅くまで乗る場合は、返却するのも翌日扱いになってしまいます。

旅行者の場合は借りたはいいけど、翌日まで返せないという状況にならないために、
余裕をもってレンタルしましょう。

場所

地図の道沿いには、レンタルバイク屋が多数有りますよ。

価格は交渉もできるけど、

初回にぼったくりな価格を言ってこないのがマレーシアの良いところ!

渋っていると、安いプランとかも教えてくれる。

③自動販売機

ジョージタウンには、自動販売機がありました。

治安が良い証拠ですね。

ほぼ、日本の自動販売機でした。

日本から持ってきたのでしょう。

コメント