空港などFREEのWi-Fi接続方法、オフライン地図の使い方

旅行
スポンサーリンク

羽田、成田、海外の空港などでFREEのWi-Fiに接続する

手順

①スマートフォンなどのWi-Fi機能をONにします。

②AirportxxxxなどのSSIDを拾うことができ、接続ボタンを押下すると、そのまま接続ができます。 ※最近のFreeインターネットサービスは、ログインにパスワードは必要ない場合が多い。

③②の時点で接続できた! と思っても、下記のようなことになることがあります。 ・ブラウザーから、Google等にアクセスしてもページが開かない? ・LINEができない? ・Facebookが開けない? ★問題なく、インターネットに接続ができた場合はこの先を読まなくてもOK(^^♪ ④アクセスポイントと接続ができたのになんでインターネットが見れないの? ・これは、空港のアクセスポイントと接続ができただけということです。 ・まだインターネットなどには接続ができない状態なので、オンラインサービスもつながっていない状態です。 ⑤インターネットに接続するには、もう一つ手順があり、 ・ ウェブブラウザーを起動します。 ・空港側のWi-Fi接続用のトップページが開き、 「Connect」ボタンや「Login」ボタン等を押下することで、 インターネット・その他 ウェブサービスに接続ができるようになります。 ★サービスによっては、E-Mailアドレスを入力させる場所もありますよ。

注意点

ウェブブラウザーアプリ頑張って開いたのに、トップページが表示されない場合は、一度アプリを閉じて、新規で ウェブブラウザーを開くことでトップページが表示されることもあります。

 

オフライン地図の定番 完全無料の「MAPS.ME」が便利すぎる

旅先で人気のオフライン地図

海外旅行に行ったときに、Wi-Fiモバイルルーターが無く、現地のSIM契約していない場合、 そんな時でも、 あらかじめオフライン地図アプリをインストールしておけば、現地で通信契約やWi-Fi接続が無くてもGPSと連携し、現在地も表示してくれます。 そのため、空港からホテルまで行くまでの地図が必要など、現地SIM契約や公衆Wi-Fi等に接続することなくGPS連携したオフライン地図を使用できます。

おすすめな無料アプリ

Android MAPS.ME — オフライン地図とナビゲーション iPhone MAPS.ME オフライン地図とナビゲーション

使い方のポイント

①オフライン地図といっても、元となる地図はあらかじめダウンロードしておく必要があります。 地図データは100MBを超えるものもあるので、旅行前に日本でダウンロードしておきます。 ②日本でもパケット量(データ通信料)はかかるので、お金がかからないWi-Fi環境でダウンロードしてください。 ④インストール後アプリを開いたら、渡航先の必要な国/地域の地図をダウンロードしておけばOK。 ※国によっては、地域ごとに分割したりしています。 ※ダウンロードしていない国/地域の場所をタップすると、ダウンロードが必要ですの表示が出てしまいます。 ⑤日本のスマートフォン持っていない人で、SIMフリースマートフォンでない人は、たいてい、現地到着後もしくは機内で、現地でパケット爆死しないように”モバイル通信”と”データローミング”をOFFの設定にすると思いますが、”GPS機能はON”にしておくことで「MAPS.ME」と連動して現在地を表示できます。 ★GPS機能はONにしてもパケット(データ通信料)には影響しません。
旅行旅行Memo
スポンサーリンク
catfish626をフォローする
スポンサーリンク
ウテバヒビク

コメント