台湾:高雄から台南への日帰り旅行 どれだけ回れるか? 

台南
スポンサーリンク

台南への日帰り旅行

今回の旅では、高雄、台南、小琉球を観光しようと考えており、

台南は1日の予定です。

高雄から台南へ

高雄での宿泊は、美しい駅と有名な”美麗島駅”のそばにホテルをとっていた。

ホテルは、美麗島駅から300mほどの場所だと思うが、

高雄に到着した時点で雨が降っており、早朝も雨が降っていたので、

駅近で本当に良かったと思う。

まぁ、短期間の旅行なので、われわれが旅する時はたいてい駅のそばに宿をとるのが基本ですが。

 

朝、10時頃、電車に乗るために、まずは高雄駅を目指す。

 

高雄駅までは、地下鉄に乗る予定だが朝食を食べていたなったのでおなかがすいていた。

ネットで調べると、ちょうど駅前に有名なお店があったので入ってみる。

大円環鶏肉飯

お客はほとんど地元の人だろうか?

スクーターで来店し、注文したと思ったら、サクッと食べてすぐに帰ってしまう。

とりあえず、空いている席に適当に座る。

メニューはラミネート加工してあり、

そのメニュー表にクレヨンみたいなペンで直接「〇」をするスタイルだ。

この注文スタイルは中国語がわからないわれわれにはすごく便利だと思う。

 

まずは、鶏肉飯、煮卵を注文する。

朝飯にはちょうどいいサイズだ。

初めは、どちらか一品にしようと思っていたが、

思った以上に、ちょうどよすぎるサイズなため、ペロリと食べられてしまう。

 

つづいて、肉操飯を追加注文をする。

どちらも美味しく値段も安く、

朝から、ネットで評価の高い店に行くことができたので満足である。

場所は、本当に駅の入り口の目の前です。

場所:大円環鶏肉飯

高雄駅に到着

地下鉄で、1駅移動して高雄駅に到着。

高雄は台湾の中では大きい都市なので、ビルなどが乱立していると思ったのだが、

駅前は思いのほか質素な感じです。

台南へは、台湾鉄道に乗る予定だ。

切符を買ってホームへ。

なんか、昭和な感じがします。

もはや日本といってもわからない感じです。

特急もあるようだが、時間帯が合わなかったので、

各停でいくことに。

キオスク?で飲み物とお菓子を購入、

駅弁を買いたかったが、おなかがいっぱいなので断念。

景色見ながら、ゆったりした感じでよかったです。

乗車した車両にはトイレもついているので一応使ってみた。

まぁ、日本と変わらず。

車両自体が、日本の中古電車なのかすごく似てます。

 

列車の旅は、1時間ちょっと乗っていた感じかな。

のんびり電車の中で過ごしながら、台南に到着。

 

改札抜けて駅を出てからは、目的地まで徒歩で移動します。

われわれの旅は極力タクシーなどの使用はなしです。

 

目的地といっても、食べ物屋と、遺跡くらいですww

今回の台南トリップはノープランでの行動です。

 

朝飯は電車乗る前に食べたばかりだったので、すごい腹ペコではないけど、

とりあえず、ネットで検索で上位にヒットしたお店へ向かいます。

度小月担仔面(原始店本舖)

元祖台湾ラーメンの担仔麺というのが有名なお店です。

見た目よりも味は薄いので、さらっと食べられてしまいます。

担仔麺は茶碗一杯分程度の量なので、

ついでに、朝に食べたような肉操飯も頼んじゃいます。

場所:度小月担仔面(原始店本舖)

赤崁担仔面

続いてもまた飯屋の話題です。

台南着いてから、2件目、朝からは3件目。

インターバルは、ほぼなしなので、

ここでは、友人とシェアして食べることに。

有名どころの、担仔麺とあと他を注文。

 

麺の代わりにビーフンを使用したタイプ

なぜか、メニューには1人150元以上注文してくれの記載が。。。

二人なので、300元以上かー、麺だけでは150元に届かないんだよね。

なのでメンマと角煮を注文、これが柔らかく美味しかったから良いけどね!

場所:赤崁担仔面

赤崁楼 (赤嵌楼/紅毛城) 史跡・遺跡

腹ごしらえも済んだところで、ここで初めて観光らしい観光です。

入場料:50元を支払う。

とりあえず観光。

ここはオランダ統治時代に建てられた城で、地震や改築、取り壊しをへて今の形になったそうです。

安平古堡

赤崁楼を見た後、つづいては安平古堡です。

市営のバスなどで行こうと思ったのですが、思い通りにバスは来ないようなので、

時刻表も当てになるかわからなかったので、ここはタクシーで安平古堡に向かう。

安平古堡とは、台湾で最も古い城堡です。

手入れが行き届いている公園のような感じです。

場所:安平古堡

安平樹屋

つづいては、メインの安平樹屋に行きます。

ここが台南でのわれわれの目的地かな。

安平古堡の北の方に位置する安平樹屋です。

 

・アンコール遺跡のタプロームを思わせる、木の力がすごすぎです。

・ここを旅のプランに入れるのはおススメです。

場所によっては、ぬかるんでいるので、足元には注意が必要です。

若い、女性が転んで、泥まみれになっていました。

場所:安平樹屋

林百貨

安平樹屋を見終わった後は、再び、台南駅周辺へタクシーで行く。

おりあえずの目的は果たせたので、

林百貨という古いデパートがあるとのことなので立ち寄ることに。

林百貨とは、日本統治時代に創立した百貨店です。

店内は、レトロ色が強いがモダンな感じでもありすごくオシャレです。

 

屋上には出ることができるので、お時間ある方は行かれた方がいいですよ。

 

この辺りで、16時くらいになる。

台南のナイトマーケットにも行こうかと話はしていましたが、

どちらにしても高雄に戻らないとダメなので、高雄へ帰宅することにする。

 

 

台南台湾
スポンサーリンク
catfish626をフォローする
スポンサーリンク
ウテバヒビク

コメント